生理中に全身脱毛はできる?

全身脱毛を予約している日に生理が来てしまった場合、クリニックや脱毛サロンではどの部位でも施術ができないか、VIO以外の部位以外なら施術が可能という2つのパターンに分かれます。前者の場合は予約を変更するしかなく、また後者の場合でもVIO以外でもできれば施術はやめることをおすすめしたいです。
その理由として生理中は女性ホルモンのバランスが乱れている状態です。普段よりも肌が敏感になっているため施術で痛みを伴って十分な効果が得られないこと、また施術後に肌トラブルが起きやすいのが理由です。タンポンを使えばバレないと考える人もいますがニオイでまずバレてしまいます。
普段から生理のリズムが安定していない人は全身脱毛の予約日当日に生理が来てしまう可能性があり、生理だと説明すればミュゼ、ラットタット、レイビスのように無料で予約を変更してくれる所もありますが、どんな理由でもキャンセル料がかかってしまう所もあります。心配な人ははじめからキャンセル料が無料の脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。
キャンセル料が無料の脱毛サロンはもし全身脱毛の予約当日に体調不良になった時、また急な予定が入った時でも気軽に予約が変更できます。ただし全身脱毛こそ完了するまでに長い期間がかかります。決められた間隔でしっかりと通って施術を受けていくことが、早く効果を出すためには重要なことです。キャンセル料が無料だからとむやみに予約を変更するのはサロン側にも迷惑がかかってしまうのでやめましょう。

vio脱毛1回で毛量は減る?

vio脱毛1回で毛量は減るのか、最初は期待に胸を膨らますことでしょう。

この回数については初回の結果は、あまり大きな変化を期待できるものではありません。エステサロンのフラッシュの場合は特に、初めてのデリケートゾーンの施術では、毛の量の変化には気が付きにくいものです。これはフラッシュの光が効果を持っていないわけではなく、脱毛サロンの光の施術は弱いため、ゆっくりと毛が少なくなるからです。

vio脱毛1回では、脱毛サロンの場合は、ほとんど毛の量は減ることはありません。これは特別なことではなく、デリケートゾーンのお手入れを受ける人は、みんなそうなので普通のことです。vioのエステサロンでの施術をして、変化が見え始めるのは、5回から6回目くらいで、毛と毛のあいだに間隔が見え始めることで、毛の量が減り始めたと思うことができます。

エステサロンの場合は光の優しい施術が特徴なので、デリケートゾーンの毛の量も少しずつ変化をすると、最初に知っておくと気分的にも楽になります。もっと変化を実感したいというなら、医療レーザーの手段があります。

病院でできる医療レーザーでのvioパーツのお手入れでしたら、1回目から少しだけ、毛が少なくなったように感じられることもあります。とは言っても、やはり1回目で劇的な変化はわかりにくいため、医療レーザーでも気持ちにはゆとりを持つ方がいいです。医療レーザーは、3回目くらいで、本人の実感がしやすいです。